比較的に簡単に行うことができるハクビシン対策

比較的に簡単に行うことができるハクビシン対策

ハクビシンは、名前の通り白鼻が頭部にかけて見られる動物で、一見するとネコの様な俊敏な身のこなしをすることができる害獣です。
基本的に夜行性の動物で、昼間は住宅の屋根裏や天井裏に住み、夜になるとエサを求めて行動します。

ネズミ駆除の方法情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

行動範囲も広く、垂直な部分でも上り下りすることが可能でしかも学習能力も高いことがハクビシンの特徴となります。

ハクビシン対策は、農作物の被害、糞尿などによる住宅の衛生環境の悪化を防ぐことにあり、郊外から都市部にも生存し続けることができます。

Yahoo!知恵袋に関する企業の一覧です。

ただハクビシン対策では、決まった侵入ルートを確保して農作物を荒らしに来るので、行動パターンが読みやすい点があります。

また学習能力が高いため、危害を加える等のさんざんな目に遭遇すると覚えていて、以降近寄らないという性格が見られます。
ハクビシン対策として効果があるのは、駆除忌避剤、天敵の臭い、音による威嚇、光の照射、超音波などです。

建物に近づいた時に光を照らす装置なども効果があります。
とにかくハクビシンが驚いて暴れれば、効果があったとして判断することもできます。

なお住宅の天井裏や屋根裏に棲みついてしまったケースでは、追い出す必要がありますが、念入りに追い出していかないと体長が1m程度の大きさがあるので、暴れて天井や屋根を壊してしまう恐れがあります。



他にもエサを入れた捕獲機などでも捕まえることも可能です。


農作物の被害については、フェンスなどで取り囲むと良いですが、運動能力にも優れているため、基本的に忌避剤を農作物場所の周囲に撒くことから始めてみます。
それでも効果が出ない場合には、光・音などを用いて追い払う工夫を施すこともおすすめです。

  • 生活の実態

    • ハクビシンは日本に生息する唯一のジャコウネコ科の動物で、名前の通り額から鼻にかけて白い線が走っているので蛾が特徴です。体調は50cmほどですが、40cm程の長い尾を持っており体重は2-3kgのサイズです。...

      detail
  • わかりやすい情報

    • 害獣として扱われる「ハクビシン」は、ジャコウネコ科の動物です。日本に移入した時期が分からず、外来種なのか在来種なのかははっきりとしていません。...

      detail
  • 驚く情報

    • 住居やガレージの中など、自分たちの使っている建物の中に勝手に入ってくる生き物は、多くの場合迷惑な存在になります。そんな生き物の中でも、自分の家などに住み着くとは予想できないという人が多いのがコウモリです。...

      detail
  • 納得の事実

    • コウモリ撃退は素人が自分で行うのは、難しいと言われています。屋根裏や軒下に住みつくコウモリは、「アブラコウモリ」という種類です。...

      detail