比較的に簡単に行うことができるハクビシン対策

  • ハクビシンの被害とハクビシン対策

    • 害獣として扱われる「ハクビシン」は、ジャコウネコ科の動物です。日本に移入した時期が分からず、外来種なのか在来種なのかははっきりとしていません。額から鼻にかけて白い線が入っているのが特徴で、体の長さは60cm程、尻尾を入れると1mの大きさになります。

      ネズミ駆除の方法についての情報を簡単に探すことができます。

      夜行性のため昼間に見ることはほとんどなく、行動も単独ですることが多いです。

      ハクビシンは木登りができる動物で、直径10cm程度の穴があれば住宅の中に侵入することができます。


      配線や柱をかじったり、夜中に動き回る騒音などの被害があります。

      特に問題なのが、糞尿による被害です。

      @niftyニュースに関連した情報が掲載されています。

      同じ場所に糞をする習性があるので、天井の一部分が腐ったり、カビや病原菌、害虫といった問題も発生します。


      その他に、農作物や外で飼育している魚に被害も出ることもあります。

      このような被害を防ぐにはハクビシン対策をしなければなりません。ハクビシン対策は、まず家の周辺の環境を見直します。生ごみや農作物、巣の材料になりそうなものを置かなことです。


      すでに家の中に侵入されているなら、追い出しを行います。
      燻煙剤や忌避剤などを使用して追い出すか、捕獲を行います。また、侵入させないように隙間を埋めます。

      小さな隙間から侵入してくるので、徹底して塞ぐ必要があります。



      これらのハクビシン対策は個人でも行うことができますが、ハクビシンの行動の習性などを熟知した専門業者に依頼した方が確かです。

      被害が出た部分の消毒や消臭なども依頼することができます。