比較的に簡単に行うことができるハクビシン対策

  • ハクビシン対策に効果的な方法や予防策

    • ハクビシンは日本に生息する唯一のジャコウネコ科の動物で、名前の通り額から鼻にかけて白い線が走っているので蛾が特徴です。
      体調は50cmほどですが、40cm程の長い尾を持っており体重は2-3kgのサイズです。
      糖度の高い甘い果物が好物ですが、雑食性で小動物や野菜も食べることがります。

      食べ物を追いかけて人家近くのごみ場回りで徘徊するうちに、人家への侵入路を発見して家に住むつくことがあります。

      ハクビシンは生ごみ類を食べ散らかすだけでなく、同じ箇所に糞を溜め込む習性があり悪臭発生源になることがあります。糞に生息する細菌が増殖して家の内部に飛散する恐れがあるので、家の周りでハクビシンを見かけたらハクビシン対策をとる必要があります。


      ハクビシン対策として固体を除去するには、捕獲機で捕まえる方法があります。設置するのは餌場付近や、寝床、通り道に設置します。



      ニオイに敏感なので捕獲機は軍手をはめて設置してください。

      ただし鳥獣保護法の保護対象のため、自治体の許可等が必要になるので役所の担当者と事前に折衝が必須です。

      OKWaveの情報が必ずあります。

      ハクビシンが嫌いなニオイを主成分にした忌避剤を使用する方法もよく使われます。
      特にニンニクや石油系のニオイが苦手とされています。

      嗅覚が敏感なので他の害獣類の忌避剤も、ハクビシン対策に有効です。

      ハクビシンの被害を被らないために、少しの注意でハクビシンを寄せ付けないことができます。
      ごみを庭に放置したりしない。

      甘い糖分が大好きなので缶ジュース類は洗って捨てるなど、些細なことでハクビシン対策にもなります。